28. 1月 2015 · (222) ♯・♭・♮ の元 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , ,

楽譜の中でいつもお世話になっている変化記号。♯(シャープ、嬰記号)は半音高く、♭(フラット、変記号)は半音低く、♮(ナチュラル、本位記号)は ♯ や♭を解除という意味ですね。五線の端で調号として使われたり、五線の途中で臨時記号として使われたり。

見慣れていて、いつも機械的に半音上げ下げするだけの ♯・♭・♮ ですが、起源をご存知でしょうか。次の3つのうち、正しくないものはどれでしょう?

  1. ♯・♭・♮ の原型は、1000年くらい前から存在する
  2. 3つとも同じ記号に由来する
  3. ♯ と♭は、元は同じ意味で使われた

♯・♭・♮ は、グイード・ダレッツォが理論書『ミクロロゴス』(c. 1030)などで用いた記号が起源。グイード・ダレッツォは、グレゴリオ聖歌の旋律を歌うための「ソルミゼーション」シラブル、ウト–レ–ミ–ファ–ソル–ラを考案した11世紀の僧でしたね((78) ドレミの元参照)。

四角い b

図1:四角い b

彼は、当時置換え(=ムタツィオ。(78) 参照)のために使われていた2種類のロ音を区別するために、通常のロ音を「四角い(またはかたい)b」、変ロ音を「丸い(または柔らかい)b」と呼びました。そして、後者をb、前者を角張ったb(図1参照)の形で記したのです。異なる記号で2つのロ音を区別したのは、グイード・ダレッツォが最初ではありません。b の逆である q や、他のアルファベットで記した資料もあります1。でも、グイードの記号がスタンダードに。

12世紀には ♮記号、13世紀には ♯ 記号が「四角いb」として登場。♯・♮ の2つに意味の違いは無く、写譜者や出版業者が自分の習慣で使っていました。♮ が、 ♯ や♭の解除だけを意味するようになったのは、18世紀。

というわけで、最初の3つの質問のうち間違っているのは3。♯ と♭ではなく、♯ と♮ が同じ意味でした。16世紀ドイツでは、出版業者たちが四角い b として h を使用2。現在のドイツ音名(B が変ロ音、H がロ音)に引き継がれています。

  1. Hilly, David, ‘Accidental,’ The New Grove Dictionary of Music, 2nd ed., vol. 1, Macmillan, 2001, p. 51.
  2. 同上。

Comments closed