31. 12月 2014 · (218) チャイコフスキーとリスト はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , ,

(203) チャイコフスキーの気持ち良さで、コントラバスを除く弦楽器全体に同じ旋律を弾かせ、3、4オクターヴのユニゾンで朗々と響かせるチャイコフスキーの書法について書いたとき、「こうした”オケ鳴らしのしかけ”はチャイコフスキーが音楽としては嫌悪してたリストのピアノ曲の書法を手本にしてたようです」(原文ママ、下線筆者)というコメントをいただきました。どうもありがとうございます。

たしかにリストのピアノ曲には、両手のオクターヴ・ユニゾンが使われますね。でも、それだけで両者を結びつけるわけにはいきません。「ようです」のような推定ではなく、誰がそう考えてどこに書いているかを特定し、その主張が正しいか検討すべきだからです(音楽学に限らず、ネット上に出所不明の情報があふれ、どんどん拡散しているのは恐ろしいことです)。

結論から言うと、これまで私が調べた英語と日本語の資料の中には、チャイコフスキーのオーケストレーションがリストのピアノ曲からの影響という記述は見つかりませんでした。むしろ、逆の印象です。リストのピアノ協奏曲第1番は、ソロ・パートがオクターヴ・ユニゾンで始まってオクターヴ・ユニゾンで終わるような曲。でもチャイコフスキーはこの曲(と第2番)をいつも、「華やかだが空虚」と感じていたらしく、1887年3月、散歩の途中この協奏曲の主題をハミングし始めた友人を咎めて「あの役者を思い出させないでくれ。彼のうそっぽさとわざとらしさには耐えられない」と言いました 1。両手のオクターヴ・ユニゾンがリストの専売特許というわけではありませんしね(今後も関連資料に注意していくつもりですが)。

チャイコフスキーとリストの関係について、3つあげておきます。第1は、チャイコフスキーのリスト観。嫌悪していたかどうかはわかりませんが、彼がリストを高く評価していなかったことはたしかです。リストの70歳記念ガラ・コンサート(オール・リスト・プログラム)に出席し、このように書いています。

熱狂したイタリア人たちの大喝采に心が動かされ乱されているこの偉大な老人の姿を見て、感動しないではいられませんでした。しかしながら、リストの作品自体には感激しませんでした。本当の創造的な力よりも詩的な意図、デッサンよりも色を塗ることが優位に立っています。手短に言うと、すべての効果的な包装にもかかわらず、リストの作品は中身の空虚さによって台無しになっているのです。シューマンとは正反対です(メック夫人への手紙、1881年12月、ローマ)2

一方で、リストの全てに否定的だったわけではありません。彼の宗教的オラトリオを高く評価。また、《死の舞踏》に写実的な描写を望む人々に対し、「深淵で繊細な芸術家」とリストを擁護しています3

第2はリストの影響について。交響詩を創設し、ロシアの作曲家たちにも大きな影響を与えたリスト。チャイコフスキーも例外ではありません。交響詩と名付けた作品は残さなかったものの、初期の交響的幻想曲《運命》(1868。友人にリストの交響詩風と批判され、初演後にスコアを破棄。死後、残されたパート譜から作品77として出版)、幻想序曲《ロメオとジュリエット》(初稿:1869)、幻想曲《フランチェスカ・ダ・リミニ》(1876)、《マンフレッド》交響曲(1885)、幻想序曲《ハムレット》(1888)など、ほぼ生涯にわたって標題音楽を書いています。

第3に、彼らの直接の交流について。チャイコフスキーは1874年に、リストのピアノ伴奏付き歌曲《トゥーレの王》をオーケストラ用に編曲。1880年にリストは、チャイコフスキーのオペラ《エフゲニー・オネーギン》第3幕のポロネーズを元に、華やかなピアノ用パラフレーズを作りました。2人が初めて会ったのは、1876年夏の第1回バイロイト音楽祭。リストは1886年に亡くなる前、サイン入りの写真をチャイコフスキーに送っています。

  1. Brown, David, Tchaikovsky Remembered, Faber & Faber, 1993, 66.
  2. 英訳は ‘Tchaikovsky Research: Franz Liszt’(http://wiki.tchaikovsky-research.net/wiki/Main_Page.
  3. 同上。

Comments closed