10. 12月 2014 · (215) クリスマス以外にも聴きたい音楽《そりすべり》 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: ,

クリスマスの4つ前の日曜日、今年は11月30日にアドヴェントに入りました。ラテン語で「到来」を意味する adventus から来た言葉です。キリストの降臨を待ちながら心の準備をするこの時期(カトリックとプロテスタントでは待降節、聖公会では降臨節)は、私にとっては「クリスマスに聴きたい音楽」を考える季節。part 7 の今回はルロイ・アンダーソンの《そりすべり》。えっ、タイトルが違う? そうなんです。

すでに触れたように、《ジングルベル》や《赤鼻のトナカイ》などと並ぶこのクリスマス・ソングの定番は、暑い夏に作られました((98) 題が先か曲が先か?《シンコペーテッド・クロック》参照)。ルロイ・アンダーソンと妻のエレノアが、コネチカット州ウッドベリーのコテージで初めて一夏を過ごした、1946年7月のことです。酷暑と日照りが続き、ルロイは水源から来る古いパイプを捜そうと、溝を掘ってみたりしたそうです。この間に作り始めた曲の1つが《そりすべり》。ずっと前のウインター・シーズンを、音楽で描写しようというアイディアです。気持ちだけでも涼しくなりたかったのかな。1848年2月、ニューヨークのブルックリンで完成。

エリノアの回想によると1

《そりすべり》を作ったとき、ルロイはクリスマス・ソングを作ろうとして始めたわけではありませんでした。彼の意図は、そりに乗る描写をとおして、ウインター・シーズン全体を伝えることだったのです。モーツァルトが同名の曲でしたみたいに。

たしかに、モーツァルトの《そりすべり》(K.605 第3曲)はクリスマスというよりも冬のイメージ。アンダーソンの曲にミッチェル・パリッシュが付けた歌詞(1950年)も、「冬の日にあなたと一緒にそりに乗りたい」という内容で、クリスマスのクの字も出て来ません(最後の方に「パンプキン・パイ」が出てくるので、むしろ11月末の感謝祭?)。でも、カーペンターズなどのように、歌詞中の「誕生日パーティー」を、「クリスマス・パーティ」に替えて歌うケースも。

作曲者が、酷暑の中で思いついた《そりすべり》。1849年に最初のレコード(もちろん、アーサー・フィードラー指揮ボストン・ポップス・オーケストラ)が発売された直後からホリデー・シーズンと結びつけられ、60年以上を経た現在もクリスマス・ソングとして世界中で愛されています。スレイベルの軽快なリズム、後半のちょっとジャズ風なアレンジ、トランペットが馬のいななきをまねるユーモラスなエンディングなど、心躍るこの時期にぴったり! でも、ウインター・シーズン全体の描写という作曲者の意図を尊重して、今回はクリスマス以外にも聴きたい音楽としておきますね。