01. 10月 2014 · (205) 序曲の作り方:グリンカの場合 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , ,

ヴェーバーの《魔弾の射手》のように((41) 涼しくなる(?!)音楽参照)、グリンカの《ルスランとリュドミラ》序曲にもオペラ本体の旋律が使われています。どれがどんな場面からの旋律か、ご存知ですか。

まず、序曲の終盤に出てくる全音音階の下降型。ロシア音楽ではグリンカ以降、悪の力の象徴として使われるのでしたね((123) 《白鳥の湖》の物語を音楽で説明するには?参照)。キエフ大公の娘リュドミラが、騎士ルスランとまさに結婚しようしている第1幕で使われる音型です。父王と別れるのが悲しいとリュドミラがカヴァティーナを歌った後、急にまっ暗に。悪い小人チェルノモールが来て、姫をさらって行くときに鳴り響きます(動画の 0:27 くらいから。上記(123)の譜例2Bの部分)。

次は、のびのびとした序曲の第2主題。これは、第2幕第3場のルスランのアリア(直訳すると「おお荒れ野よ、誰が死者の骨をまき散らしたのか」)の一部。ライバル2人とともに、リュドミラを取りもどしに出かけたルスラン。かつての戦いで打ち捨てられた武具や死者の骨がころがる荒れ地で歌います(第2主題の旋律は、1:27 くらいから)。

最後に、最も印象的な序曲の第1主題。これは、第5幕フィナーレの音楽です。チェルノモールは破ったものの、リュドミラは魔術で眠らされたまま。でも、良い魔法使いフィンがくれた魔法の指輪のおかげで、ルスランは彼女を目覚めさせることができました。めでたしめでたしの場面で、序曲の序奏部を含む第1主題が戻ってきます。オペラの1番最初と1番最後に同じ音楽を置いて、枠組みにしたのですね。フィナーレでは、これを伴奏に大合唱。主旋律は、2分音符と4分音符が主体(序曲冒頭タータタのリズムなど)なので、歌う人たちは速くても平気(動画の2:47くらいから)。

この動画(ゲルギエフ指揮、マリインスキー劇場管弦楽団、1995年)のテンポ、2分音符がおよそ188! 序曲も速いですが(指定された2分音符140を目標に練習している私、呆然)、さらにパワーアップしています。ルスランのアリアもフィナーレの合唱も歌詞がわからないのですが、雰囲気を味わってください。おまけとして、同じ公演の序曲の動画も上げておきますね(始まるのは 2:24 くらいです)。

Comments closed