24. 9月 2014 · (204) ロマン派の協奏曲:ブラームスの場合 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , ,

1833年生まれのブラームス。バリバリの(?!)ロマン派です。だから彼のヴァイオリン協奏曲も、以前聖フィルで演奏したチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番のように、「お待たせしない」タイプのはず……((127) ロマン派の協奏曲:なぜすぐソロが加わるか参照)。なのにこの曲、オーケストラだけで始まります。ソロが加わるのは、はるか先の90小節目。

協奏曲は本来、協奏ソナタ形式で作曲されました((73) 協奏曲のソナタ形式参照)。オーケストラだけが第1主題と第2主題を提示した後、独奏楽器が加わって2つの主題をもう一度提示する、二重提示が特徴です。でも、ロマン派になると構成のバランスよりも実利(!!)重視に。同じようなことを2度繰り返さなくても、初めから真打ちが登場して思う存分活躍する方が、楽しいですものね。チャイコフスキーのピアノ協奏曲のように、第1提示部を省略した(通常の)ソナタ形式で作るのが、ロマン派の協奏曲の主流。数年とはいえブラームスのヴァイオリン協奏曲の方が後に作られたのに、二重提示するなんて……。

でも。オーケストラだけの第1提示部に、第2主題は登場しません。分散和音を丁寧に上り下りする、幅広い感じの第1主題に対して、第2主題は順次進行に大きな跳躍をレガートでつないだ、より動きのある旋律。独奏ヴァイオリンによって、お約束どおり属調のイ長調で提示されます(206小節)。これを導くのが探るようにジグザグに上がって行く8分音符群ですが、第1提示部ではこのジグザグ音型だけで第2主題はおあずけ。二回提示されるのは第1主題だけですから、二重提示ではなく 1.5 重提示。「お待たせするけれど少しでも時間を短く」ということですね。

第1提示部では、ジグザグ音型がニ短調で繰り返されます(譜例1A)。その後、弦楽器が決然と弾き始める旋律(譜例1B)は、スタッカートの多用やアクセントによる2拍目の強調など緊張感に満ちていて、今までとは異質。第2主題と錯覚させられそうなこの印象的なパッセージが、同じニ短調によるソロ・ヴァイオリンの「アインガンク」(独語で「入口」の意)を引き出すことに。提示部の最後の方と、カデンツァの前にも使われて、音楽を引き締めています。

譜例1:ブラームス作曲ヴァイオリン協奏曲第1楽章。A:61〜68小節。B:78〜82小節。

譜例1:ブラームス作曲ヴァイオリン協奏曲第1楽章。A:61〜68小節。B:78〜82小節。

Comments closed