21. 9月 2014 · 梅津美葉氏 プロフィール はコメントを受け付けていません。 · Categories: 協演者


梅津 美葉 うめづ みよう

3歳よりヴァイオリンを始め、12歳で初リサイタルを開く。
カナダの名ヴァイオリニスト、故ローランド・フェニヴェシュ氏に激賞され、パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲のカデンツァを作曲、献呈される。
高校在学中、第60回日本音楽コンクール第1位。その優れた演奏活動により鎌倉市政功労賞を受賞。
桐朋学園大学在学中に渡仏、パリ・エコールノルマル音楽院を異例の短期間で審査員全員一致の最優秀賞 及び特別賞を得て卒業。音楽院長で音楽評論家の故ピエール・プチ氏からは「梅津美葉は素晴しいヴァイオリニストというだけでなく、正しいセンスと大変高い技術でヴァイオリンを歌わせ、真の感動を与えてくれる、これまでに私が聴いた最も素晴しい音楽家の一人である。」と賛辞を贈られた。
NHK交響楽団、東京交響楽団等の主要オーケストラと共演の他、トヨタ創立60周年記念コンサートの全国ツアーでベルリン・フィルハーモニーのメンバーと共演、絶賛。演奏旅行にも積極的でありフランス、イギリス、フィンランドなどで演奏を行う。これまで江藤俊哉、H. クレバース、I. ギトリスの各氏に師事。
長編アニメ音楽映画「星空のバイオリン」のヴァイオリン・ソロ録音及び声の特別出演などメディアへの出演も多く、「ロマンティックなバッハ」「バルトークの宇宙」は、NHK-BSで放映された。「シャコンヌ」「Frühling – 春 -」などのアルバムをリリース。2001年に初演を行った西村朗氏のヴァイオリン・コンチェルト第二番はCDとして発売が予定されている。
また、クラシックを身近に!というコンセプトのもと、若手演奏家からなる弦楽アンサンブル「LE.M(ル・エム)」を主宰し10回を越えるコンサートを行う。現在、国内各地でリサイタル、アンサンブルを行うほか、2004年からは、女性だけの「アンサンブル・アルテミス」リーダーとして、ライブハウスなどでも公演、大好評を得る。洗足学園音楽大学講師、桐朋学園子供のための音楽教室講師も務める。
HP:http://www.miyoumezu.com/

Comments closed