03. 9月 2014 · (201) 練習番号 J が無い理由 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: ,

オーケストラの楽譜に練習番号 J が無いのはなぜ? これも、田部井剛先生から練習中に飛んで来たご質問。ぜーんぜん気づきませんでした〜。確かにチャイコフスキーの交響曲第5番も、ブラームスのヴァイオリン協奏曲も、練習番号 I の次は K(ちなみにどちらも、Breitkopf & Härtel に基づく Kalmus 版。Public Domain)。アルファベットの I と J は区別しにくいので、I だけにしたと考えるのがまあ普通でしょう。

ただ、私がとっさに思い浮かべたのは、ドレミの元になったグレゴリオ聖歌でした。洗礼者ヨハネの祝日用聖歌《Ut queant laxis(貴方の僕たちが)》(この「僕」は「ぼく」ではなく「しもべ」と読んでくださいね)では、6行の歌詞の始まりの音が1音ずつ高くなっています(譜例1)。11世紀の僧グイード・ダレッツィオがそれぞれの音を、それと対応する歌詞の最初のシラブル(ut re mi fa sol la ウト–レ–ミ–ファ–ソル–ラ)で呼ぶことにしたのでしたね((78) ドレミの元参照)。後に、歌いにくい ut を do に。7番目の音には、7行目の歌詞「聖ヨハネ」の頭文字を。ラテン語に J は無かったので、sj ではなくsi になりました1

譜例1:《Et queant laxit(貴方の僕たちが)》

譜例1:《Et queant laxit(貴方の僕たちが)》

J はもともと I と同じ文字2。中高ドイツ語において区別され始め、1524年に初めて、異なる文字とした書物が書かれたそうです3。イタリア語では現在でも、J(イルンゴ=「長い I 」の意)は、ラテン語や外来語の固有名詞に稀に使われるだけ。たとえば日本はイタリア語では Giappone(ジャッポーネ)。J では無いのです。修士課程のセミナーで輪読した、16世紀にイタリア語で書かれた音楽理論書などにももちろん J は出て来ません。アルファベットの J がとんでいても、私はあまり(全く??)違和感が無いのですが……。

スコアを調べてみました。確かに《エロイカ》、ベト7、ブラ1、《悲愴》、《新世界》など大多数で、I の次は K 。一方、田部井先生が言われるように J がとばずにアルファベットが揃った曲も(たとえば前回演奏した《オルガン付き》)。ふーん……と、いろいろめくっていて気づきました。 J のようにアルファベットの W も、ラテン語や現代イタリア語に無いのに、練習番号 W はとんでいません!

さらに、ドヴォ8やチャイコの《ロメジュリ》のように、J はあるけれど代わりに I がとんでいるスコアもありました! ということは、歴史的・言語学的背景とは関係無く、単に I と J が紛らわしいから、片方(多くの場合は J )を省くのが慣例になっていたというだけのようですね。

それにしても、いったい誰がいつどのようにして練習番号を決めたのでしょう?!! 最初に練習番号を含めた楽譜を出版する出版社?? 《英雄の生涯》やショスタコの5番には、アルファベットではなく数字が付いています。これなら本当に「練習番号」で、J を省く、I を省く、両方とも使うなどの決定が不要です。あらら《オケコン》では、小節番号がところどころ(かなり頻繁に)太字になっているだけ。これなら、どこに「練習番号」を付けるかの決定も不要。シンプルながら、これで十分にわかりやすいですね。

  1. ただし、ラテン語に J が無かったのは古典期(松本千秋、国原吉之助『新ラテン文法』南江堂、1968、6)。その後、J も使われるようになりました。
  2. J の文字は、ローマ数字で i が複数続くときの最後に使われた、髭付き書体(って swash character の正しい訳語かわかりませんが)が起源。たとえば23は xxiii ではなく xxiij と表記されました。英語版 wikipedia “J”。
  3. Gian Giorgio Trissino (1478–1550), Ɛpistola del Trissino de le lettere nuωvamente aggiunte ne la lingua italiana(イタリア語に近年加わった文字についてのトリッシーノの書簡), 1524。同上。中高ドイツ語とは、1050〜1350年頃にドイツ中部・南部で使われていたドイツ語(高地ドイツ語)のこと。

Comments closed