20. 8月 2014 · (199) 3拍子で始まる協奏曲 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , ,

練習中は、2分音符=140なんて(まだ)速すぎる〜!とか、付点型に16分休符入れたり入れなかったりする意図は〜?とか、いろいろ考えながら弾くだけで十分忙しいのに、田部井剛先生からまた((195) ウクライナと音楽参照)質問が飛んで来ました。ブラームスに3拍子の曲が多いのはなぜか? 次回定期で演奏するブラームスのヴァイオリン協奏曲第1楽章も3拍子です。というわけで、今回は協奏曲の拍子について。

初めに質問です。モーツァルトの50曲近い協奏曲の中で、3拍子で始まる曲はいくつあるでしょう??

難しい問題でしょう! フルート協奏曲やクラリネット協奏曲など、有名どころ(!?)は3拍子ではない。ピアノ協奏曲はたくさんありすぎて、何がなんだか……。答えは3つ。ピアノ協奏曲第11番ヘ長調、同第14番変ホ長調、同第24番ハ短調、これだけです。ベートーヴェンの協奏曲(ピアノ5、ヴァイオリン1、トリプル1)には、3拍子で始まる曲はありません。ハイドンの代表的な協奏曲(チェンバロ1、ヴァイオリン3、チェロ2、トランペット1)も同様。3人とも、ほとんどの第1楽章を4/4拍子で作曲しています1

既に書いたように、西洋音楽の歴史においてまず生まれたのは、完全分割である3分割でした((110) 3分割から始まった!参照。たとえて言うと、全音符1つが2分音符3つ分)。でも、14世紀に2分割が(も)可能になると、こちらが主流に。ルネサンス時代を通じて3分割は、大規模な曲の中の、あるいは1曲の中の、三位一体に関連する歌詞の部分など、特別な部分や強調する部分を中心に使われました。

バロック時代も、2分割つまり2拍子4拍子が中心。ヴィヴァルディは第1楽章が3拍子の協奏曲も書いていますが、『調和の霊感』作品3の12曲中3曲、有名な《四季》が含まれる『和声と創意の試み』作品8でも、同じく12曲中3曲のみ。バロック組曲の定型に含まれる、スペイン起源の緩やかな3拍子の舞曲サラバンドのように、音楽に多様さやコントラストを与える意味合いが強かったのではないでしょうか。

古典派協奏曲では3拍子で始まる割合がさらに低くなるのは、上に書いたとおりです。秩序や調和、均衡が重視された古典派時代。不安定な3拍子よりも、どっしり落ち着きの良い2拍子系(特に4拍子)が多用されたのでしょう。ロマン派で3拍子の割合が高くなったのは、その反動とも考えられます。ブラームスのヴァイオリン協奏曲以外にも、ショパンのピアノ協奏曲第1番や、聖フィルでも演奏したチャイコフスキーのピアノ協奏曲の第1楽章が3拍子。ヴェーバーのクラリネット協奏曲第1番やクラリネットのためのコンチェルティーノ、サン=サーンスのピアノ協奏曲第5番、チェロ交響曲第2番なども。

ブラームスは6/4拍子で始まる協奏曲も作っていますね(ピアノ協奏曲第1番)。珍しい選択です。今回参考にした名曲解説全集の協奏曲 IIに収められた(カール・シュターミツのフルート協奏曲から、ヴォーン=ウィリアムズのテューバ協奏曲までの)113曲中、6/4で始まるのはこの1曲だけ2。6/8、9/8、12/8拍子の第1楽章が少ないのは、終楽章で使われる拍子だから避けたと考えられますが、6/4はさらに異質3。ブラームスが4拍子で作ったのは、ピアノの第2番とドッペルの2曲ですね。

  1. ハイドンには2/4拍子で始まる協奏曲が1つ、モーツァルトとベートーヴェンは2/2拍子が1つずつ。
  2. 『名曲解説全集9 協奏曲 II』音楽之友社、1980。
  3. 前掲書の中で、8/12拍子で始まる協奏曲は3曲(パガニーニ、ラロ、ピエルネ)、9/8拍子が1曲(エルガー)、6/8拍子で始まるのはマクダウエルのピアノ協奏曲第2番だけでした。

Comments closed