13. 8月 2014 · (198) チャイコフスキーの調選択 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , , , ,

チャイコフスキーの交響曲第5番の4つの楽章は、ホ短調ーニ長調ーイ長調ーホ長調。この選択は、ちょっと変わっています。

古典派の交響曲では、第3&4楽章は第1楽章と同じ調(主調)。第2楽章(緩徐楽章)だけが対立調でした。そもそも、交響曲のご先祖様シンフォニーア(イタリア風序曲)の「独立した3部分」が、主調ー対立調ー主調で作られました((18) 「赤ちゃん交響曲」誕生まで参照)から、メヌエットが加わって、主調ー対立調ー主調(メヌエット)ー主調が標準パターンになったのです。モーツァルトの時代なら、40番交響曲「ト短調ー変ホ長調ート短調ート短調」のような調選択になったはずです。

ベートーヴェンのほとんどの交響曲も、ほぼこの標準パターン(例外は、第3楽章も主調と異なる「イ長調ーイ短調ーヘ長調ーイ長調」の第7番)。ただ、ひねり(!?)が加わりました。《運命》交響曲の主調はハ短調なのに、終楽章はハ短調ではなくハ長調。この短調における「暗黒から光明へ」「苦悩を乗り越えて歓喜へ」型が、ロマン派の作曲家たちに好まれます。

チャイコフスキーの5番も、第1楽章ホ短調、終楽章ホ長調の部分は、ロマン派の標準パターン(しかも、終楽章の序奏部とコーダ部分はホ長調ですが、ソナタ形式の主部は、主調のホ短調ですね)。ただ、第2楽章がニ長調というのが珍しい選択。遠隔調ではありません(ニ長調は、ホ短調の平行調の属調。(77) 近い調、遠い調参照)が、第1楽章の導音嬰ニ音(レ♯)を元に戻したニ音を主音とした調だからです。

この交響曲の調号にお気づきでしょうか。第1楽章ホ短調は♯1つ、第2楽章ニ長調は♯2つ、第3楽章イ長調が♯3つ、終楽章ホ長調が♯4つ。4つの楽章を全部違う調にしたのみならず、♯が1つずつ増えています。偶然?? 「ホ短調で始まりホ長調で終わる交響曲を作ろう……ということは、第1楽章は♯1つ、終楽章は♯4つ……それなら2楽章は♯2つ、3楽章は♯3つにしちゃおう!……ホ短調とニ長調の楽章を並べるのは、ちょっと無理があるかな?……ま、いいか……」とチャイコフスキーが考えた……わけではないと思いますが。

Comments closed