28. 5月 2014 · (187)「運命動機」を英語では? はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: ,

「外国でベートーヴェンの第5交響曲を《運命》と呼ばないなら、『運命動機』はどう呼ぶのですか?」先日出版された『オケ奏者なら知っておきたいクラシックの常識』を読んでくださった方からの、鋭いご質問((1) 運命と呼ぶのは日本だけ!?も参照)1。確かに、ニックネーム「運命」がなければ、一言でジャ・ジャ・ジャ・ジャーンが浮かぶ「運命動機」という言葉も使えない……? 手元にあった5冊の英文研究書で、「運命動機」が何度も形を変えて現われるという部分を調べてみました。

  • 「4音動機」the four-note motif2
  • 「4音の最初の音型」the initial figure of four notes3
  • 「最も重要な動機」the principle motive4
  • 「主要な動機」the main motive5
  • 「有名なオープニング動機」the famous opening motif6
  • 「オープニング動機」the opening motif7
  • 「最初の4音動機」the initial four-note motive8
  • 「オープニングの4音動機」an opening four-note motive9
  • 「短−短−短−動機」the short-short-short-LONG motive10

というわけで「運命」という言葉が無くても、ベートーヴェンの第5交響曲を論じている部分なら、第1楽章の「出だし」や「4音」など、ありきたりの言葉で十分通じます。

「有名な『運命』動機」the famous ‘fate’ motive 」という記述もありました11 。ベートーヴェンがこの部分について「運命は斯くのごとく戸を叩く」と言ったと、シンドラーが伝えているのは事実12。だから、(捏造の可能性は大きいものの)シンドラーが主張するところの「運命」の動機と呼ぶことは間違いではないと思います(いささか逆説的ですが)。1カ所しか見つけられなかったことは、むしろ意外でした。

日本のように「当たり前」ではないものの、日本以外で第5交響曲を《運命》と呼ばないわけではありません。ジャケットに Fate と書かれたCDを2枚見つけました13。mp3 や Sacd-Dsd なども含め、曲名に Symphony No.5 in C minor op. 67  (Fate) と書かれたものも。もしかしたら近い将来、’Fate’ のニックネームが海外でももっと広く使われるようになるかもしれませんね。

  1. itta-mbjg-sdfnさんに感謝します。
  2.  Solomon, Maynard, Beethoven, Schirmer, 1977, 205.
  3. Tovey, Donald Francis, “The Fifth Symphony,” Beethoven: Symphony No.5 in C minor, ed. by Elliot Forbes, Norton Critical Scores, Norton, 1971, 143. 
  4. Hoffmann, E. T. A. “Review of the Fifth Symphony,” translated by John Adams, Beethoven: Symphony No.5 in C minor, ed. by Elliot Forbes, Norton Critical Scores, Norton, 1971, 153.
  5. Schenker, Heinrich, “Analysis of the First Movement,” translated by the editor and John Adams, Beethoven: Symphony No.5 in C minor, ed. by Elliot Forbes, Norton Critical Scores, Norton, 1971, 164.
  6. Kerman, Joseph & Tyson, Alan, The New Grove Beethoven, Norton, 1980, 110.
  7. Lockwood, Lewis, Beethoven, Norton, 2003, 220.
  8. Anson-Cartwright, Mark, “Beethoven: Structure and Narrative,” The Cambridge Companion to the Symphony, ed. by Julian Horton, Cambridge University Press, 2013, 181.
  9. Bonds, Mark Evans, “Beethoven’s Shadow,” The Cambridge Companion to the Symphony, ed. by Julian Horton, Cambridge University Press, 2013, 335.
  10. ibid., 337.
  11. Horton, Julian, “Cyclical Thematic Process in the Nineteenth-century Symphony,” The Cambridge Companion to the Symphony, ed.by Julian Horton, Cambridge University Press, 2013, 191.
  12. Schindler, Anton, Beethoven as I knew Him, ed. Donald W. MacArdle, University of North Carolina Press, 1966, 147.
  13. http://www.amazon.com/Schicksalssymphonie-Symphony-Ludwig-Beethoven-Tracks/dp/B00BKNG5PUhttp://www.discogs.com/viewimages?release=1816719