07. 5月 2014 · (184) 500年前の楽譜 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , , ,

前回、ペトルッチの史上初の活版印刷による楽譜『オデカトンA』をご紹介しました。「端正で美し」いと書いたページを図1として再載。1501年出版=今から約500年前の楽譜を、(82) 1000年前の楽譜でご紹介したネウマ譜と比較してみましょう。

図2:『オデカトンA』より

図1:『オデカトンA』第1曲、デ・オルト作曲《アヴェ・マリア》、カントゥスとテノール

4本だった譜線が、現在と同じ5本に。音域が狭いグレゴリオ聖歌用のネウマ譜は四線で十分ですが、中世でも聖歌以外の音楽には、五線譜が使われていました。それから、ネウマ譜の音符は全て黒色でしたが、こちらには黒い音符と白抜きの音符があります。四角い譜頭だけのネウマ譜と違って、棒(符幹)付きの音符も。譜頭が楕円ではなく四角い(ひし形◇◆も)ものの、全体の印象は現在の楽譜とそれほど変わりません。

この楽譜の音部記号は? 上3段はハ音記号。第2線がドなので、現在のメゾソプラノ記号ですね((139) 実はいろいろ! ハ音記号参照)。下3段は(ちょっと奇妙な形ですが)ヘ音記号。第3線がファなので、現在のバリトン記号。音部記号の右に調号も付いています。♭2つ?! いいえ、上の♭も下の♭もシ。現在と異なり、五線の中にシが2つ含まれていれば両方♭を付けてくれていますので、要注意。

えっ、右側に大きくはみ出た斜めの線が気になる!? これはラテン語で見張り、保護者などの意味の「クストス custos」(複数形は custode)と呼ばれる記号。もっと地味な形でネウマ譜にも使われ、次の段の最初の音を示します。段によって、音部記号の位置が急に変わったりするからでしょう。

現代譜とも較べてみましょう。最大の違いは、小節線が無いことかな。最後に複縦線が引かれているだけですね。このため、楽譜が不正確だと大変。もしも音符が1つでも抜けていると、その声部はその後全部、他の声部の音楽とずれてしまうのです。500年前の音楽は、横に旋律を重ねた複雑なポリフォニーが主流。仮に、歌っていてずれに気づいたとしても、修正は容易ではありません。

もう1つ大きな違いは、レイアウト。このページには、カントゥスとテノールのパートが印刷されています(4段目の左側に、Tenorと書いてありますね)。残りのパートは右頁に印刷され、見開き2ページで1曲分でした。左にカントゥスとテノール、右にアルトととバスというのが典型的なレイアウト。つまり、多声音楽なのに、パートごとに別々に書いてあったのです。500年前の人たちは、小節線が無く、スコアになっていないこのような楽譜を見ながら、アンサンブルしていたのですね。尊敬!

Comments closed