16. 4月 2014 · (181) 《ファウスト》のバレエ音楽 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: ,

聖フィル第10回記念定期演奏会にいらしてくださった皆さま、どうもありがとうございました。聖光学院ラムネホールに設置されたベネディクト・オルガンと、スタインウェイ・ピアノを使ったサン=サーンスの交響曲第3番《オルガン付き》など、オール・フランス・プログラム。楽しんでいただけましたでしょうか。コラム恒例アンコール・シリーズは、シャルル・グノー作曲《ファウスト》のバレエ音楽について。

オケ奏者の方は《ファウスト》と聞くと真っ先に、7曲のバレエ音楽を思い浮かべると思います。でも、《ファウスト》ってバレエではありませんよね。ゲーテの《ファウスト》第1部に基づく、フランス語のオペラです。《ファウスト》が1859年に初演されたときには、このバレエ音楽は含まれていませんでした。10年後にパリのオペラ座で初演される際、台詞の部分が管弦楽伴奏付きのレシタティーフ(レチタティーヴォのフランス語版。(102) 話すように歌うレチタティーヴォ参照)に変えられ、グランド・オペラに。さらに、このグランド・オペラの習慣に従ってバレエ音楽が加えられたのです(オペラ座では、全てが歌われ、バレエ・シーンも含まれるグランド・オペラだけしか、上演できませんでした。フランス・オペラとバレエの関係については、また改めて)。

観客が何よりも(!?)楽しみにしていたバレエ・シーンは、第5幕に追加。悪魔メフィストフェレスによって、ヴァルプルギスの前夜にブロッケン山で行われる魔女や悪魔たちの大饗宴に連れて来られたファウスト。逃げ腰の彼を誘惑しようと、美女たちが入れ替わり立ち代わり華やかで艶かしい踊りを披露します。

今回、最初に演奏した1曲目の〈ヌビアの踊り〉は、クレオパトラに仕える奴隷たちの踊り(2曲目ではクレオパトラ自身も踊りに加わります)。ヌビアは、エジプト南部からスーダンにかけての、鉱物資源の豊富な地域の名称です。一方、アンコールで演奏した5曲目〈トロイの娘たちの踊り〉は、トロイの女王ヘレネを中心とした踊り。ヘレネは、ギリシア神話の三美神、ヘラ、アテナ、アプロディテから最も美しい女神を選ばせられたパリスが、「人間界で最も美しい女」をくれるというアプロディテを選んで(「パリスの審判」)見返りに得た美女。人妻を略奪したため、トロイア戦争の発端に。

クレオパトラやヘレネなど、絶世の美女たちによる妖艶なバレエ付き。純愛あり魔法あり裏切りあり。独唱あり合唱あり重唱あり器楽曲あり(第2幕のワルツも単独で演奏されます)。グノーの旋律美と豊かなオーケストレーション。ファウストに捨てられ、絶望して彼との子供を殺してしまったマルグリートは、牢で息絶えた後に救済され天国へ。一方メフィストは大天使に倒される、ドラマティックな幕切れ。スペクタクルで豪華な舞台演出が可能な《ファウスト》が、うけないはずありません。1950年頃まで、パリのみならずロンドンやニューヨークで絶大な人気を誇りました。実は、オペラ史上最大のヒット作は、《フィガロの結婚》でも《魔弾の射手》でも《アイーダ》でもなく、この《ファウスト》なのだそうです1

  1. 池内修「イントロダクション」『フランス&ロシア・オペラ+オペレッタ』音楽之友社、1999年、no.pag.

Comments closed