09. 4月 2014 · (180) 自由なソナタ形式とは はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: ,

サン=サーンスの交響曲第3番ハ短調作品78《オルガン付き》の第1楽章第1部(この曲は2つの楽章から成りますが、それぞれ2部に分かれているので、実質的には伝統的な4楽章構成です)は、「序奏付きの自由なソナタ形式」と説明されます1。自由じゃない通常のソナタ形式とどこが違うのでしょう?

提示部で提示された第1主題と第2主題の2つが、展開部を挟んで再現部で再現されるソナタ形式。《オルガン付き》のように主調が短調のときは、第1主題が主調で提示された後、第2主題は新しい調、通常は長調である平行調で提示されます。再現部では両主題とも主調で再現されるのが基本でしたが、ベートーヴェン以降、第2主題がやはり長調である同主調で再現されるのがスタンダードになりました((88) さらに刺激的(!?)に:ソナタ形式の変遷参照。平行調や同主調については(77) 近い調、遠い調参照のこと)。短調と長調のコントラストを、提示部だけではなく再現部でも楽しめるようになったのでしたね。

《オルガン付き》を分析してみましょう。アダージョ11小節の序奏の後、アレグロ・モデラートですぐに始まる不安げな第1主題は、主調のハ短調。この第1主題は展開部の後、ハ短調で再現されます。p から ff に音量が変わり、木管楽器による対旋律が加わり、短縮される(3つともよく使われる「手」。全く同じに再現させるのではあまりにも芸が無いので)ものの、第1主題が再び主調で戻るので、弾いていて「ただいまー!」という感じ((66) 再現部は「ただいま」の気持ちで参照)。最も基本的な点は定型どおり。

ただ、第2主題が問題。変ニ長調で提示されるのです。主調(ハ短調)からも平行調(変ホ長調)からも2度調の、遠い調への転調ですね。しかも、この第2主題が「ただいま」するときには、ヘ長調。もしも本来の同主調のハ長調で再現されれば、最初に(提示部で)びっくりさせられても、「さっきの遠い調での提示は、ちょっとしたジョークだったのか」と笑って済ますことも可能(?!)ですが、これでは無理。しかも、9小節後から第2主題が繰り返されるときは、♯4つの、ものすごく遠いホ長調に(これも2度調)。

というわけで、自由じゃないソナタ形式と同じなのは、2つの主題が提示・再現されること、第1主題は主調で提示・再現されること、第2主題は長調で提示・再現されること、展開部も存在すること。異なるのは、第2主題が本来の平行調ではなくその遠隔調で提示され、同主調ではなくその下属調で再現されること。それに、主調で終わらないこと。♭3つの短調で始まり、実質的には♯4つの長調で静まります。この後、♭5つの変二長調の第2部(第2楽章に相当)に切れ目無く続くという、特殊事情によるのですが。

古典派においても、ソナタ形式の定型から部分的に外れるのはそれほど珍しいことではありません。ロマン派では、むしろ定型どおりに作曲するのは「ダサイ」と、何かしら変えるのが当たり前に。《オルガン付き》の第2主題はかなり遠い調で提示・再現されますが、それ以外はほぼ定型。このように、主題を本来と違う調で提示・再現するのは日常茶飯事。どちらかの主題が再現されないとか、第1主題よりも先に第2主題が再現されるとか、展開部が無いとか、そんなソナタ形式の曲もあるくらい。ロマン派のソナタ形式の曲は、ほとんど全て「自由なソナタ形式」で作られたことになりますから、わざわざ「自由な」という但し書きを付ける必要は無いのではと思ってしまいます。

  1. 井上さつき『サン=サーンス:交響曲第3番、ミニチュア・スコアの解説』(音楽之友社、2001、p.viii)、藤田由之「サン=サーンス:交響曲第3番」『名曲解説全集2、交響曲2』(音楽之友社、1979、88)など。

Comments closed