05. 3月 2014 · (175)《エロイカ》で始まるコンサート はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , , ,

前回、前々回に引き続き、19世紀パリの音楽界シリーズ(?!)第3回。ベルリオーズがベートーヴェンの《英雄》と《運命》を聴いて大きな影響を受けた((173) 幻想交響曲の奇妙さ参照)、1828年パリ音楽院演奏協会のプログラムを見つけました1。設立初年の第1回演奏会(1828年3月9日(日)2:00、パリ音楽院コンサート・ホール、指揮はフランソワ=アントワーヌ・アブネック)の曲目は:

    1. ベートーヴェン:《英雄》交響曲
    2. ロッシーニ:オペラ《セミラミス》から2重唱
    3. メフレ:ヴァルブ付きホルン独奏(作曲者本人による演奏)
    4. ロッシーニ:アリア
    5. ローデ:ヴァイオリン・コンチェルト(新作)
    6. ケルビーニ:オペラ《プロヴィンスの白女》より合唱
    7. ケルビーニ:オペラ《アベンセラージュ》序曲
    8. ケルビーニ:荘厳ミサ曲よりキリエとグローリア

協奏曲や序曲などの器楽と、アリアや2重唱、合唱などの声楽が交互に並びます((150) 歌が不可欠?参照)。メフレ(1791〜1867)はヴァルブ付きホルンのパイオニア。パリ音楽院で教え、『ヴァルブ付き半音階ホルンのための教本』を出版しました2。前年に亡くなったベートーヴェン以外、ローデ(フランス人なので正確にはロード、1774〜1830)も、3曲も演奏されたケルビーニ(1760〜1842、1822年からパリ音楽院院長)も存命((151) 生きてる?参照)。この時代の公開演奏会の、典型的なプログラム構成です。

でも、《エロイカ》が最初?!  演奏会シリーズの記念すべき第1回オープニングに、若々しくかつ華々しい《エロイカ》はうってつけ。でも、長い! 重すぎる! 奏者はもちろん聴衆も、1曲目で疲れちゃう!

と驚いたものの、他に適当な場所がありません。開幕ベル代わりの「交響曲」から成長したとはいえ、交響曲の役割は演奏会の枠組みのまま。メインは、ソリストが活躍するアリアや協奏曲です。日常に戻ることを告げる演奏会最後の曲として使われることもありましたが、パリ音楽院演奏協会の初年度7回の演奏会では、この第1回のミサ曲のように、規模が大きい合唱曲で締めくくられる方が普通でした(次第に序曲や交響曲でも終わるようになりますが)。

そういえば、ベートーヴェンの《運命》が初演された演奏会の1曲目は、《田園》でしたね((22) 《運命》交響曲の初演参照)。《エロイカ》や《田園》で始めるなんて、想像できません。パリ音楽院演奏協会は、音楽院で学ぶプロやプロの卵たちから成るオーケストラで、よく訓練されていたそうですから、メインのアリアや合唱、協奏曲のために余力を残して《エロイカ》を弾いたのでしょうか。

初年度に取り上げられたベートーヴェンの交響曲は、《エロイカ》(この第1回と、好評により第2回演奏会でも。ベルリオーズはどちらを聴いたのか?)と《運命》(第3、5、6、7回。ちなみに第4回は、オール・モーツァルト・プロ)の2曲のみ。翌1829年に《田園》と7番、1830年に4、2、1番、1831年に《第九》、1832年に8番がレパートリーに加わりました。この中で、《第九》の扱われ方は、他と少し異なります。1831年3月27日の定期演奏会は「ベートーヴェンの合唱付き大交響曲初演」と銘打たれ、プログラムも4曲のみ(1:コリオラン序曲、2:アリア、3:バズーン(バソン)独奏、4:《第九》)。翌年の再演(1832年4月15日)では、《第九》がまっぷたつ!

    1. ベートーヴェン:《第九》第1 & 2楽章
    2. ケルビーニ:《アヴェ・マリア》(ソプラノとコーラングレのための)
    3. ベートーヴェン:弦楽四重奏曲作品18(弦楽器奏者全員による。何番か不明)
    4. ヴェーバー:《魔弾の射手》から〈狩人の合唱〉(16人のホルン奏者だけによる)
    5. ヴェーバー:《魔弾の射手》からアリア
    6. ベートーヴェン:《第九》第3 & 4楽章

1834年1月26日の再々演も、同様のプログラム構成でした。

  1. Holdman, D. Kern, The Société des Concerts du Conservatoire (1828-1967), http://hector.ucdavis.edu/sdc/.
  2. Joseph Meifred, Méthode pour le Cor Chromatique, ou à Pistons. Paris: S. Richault, 1840.  メジャーな演奏家による最初のメトードと言えます。Ericson, John, “Joseph Meifred and the Early Valved Horn in France: A Pioneer of the Valved Horn. Horn Article Online http://www.public.asu.edu/~jqerics/articles_online.htm 中の http://www.public.asu.edu/~jqerics/meifred.htm.