04. 12月 2013 · (162) 20世紀以降のオーケストラ はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , ,

バロック、古典派、せいぜいロマン派止まり。古い話ばかりの聖フィル♥コラム。みなさんが大好きなマーラーとかストラヴィンスキーなど(もちろん私も好きです!)の話が出て来ません。聖フィルがそのような曲をまだ取り上げていないのが最大の理由ですが、それだけではありません。オーケストラの歴史って、19世紀の後半以降はあまり書くことがないからです。

編成はずいぶん大きくなりました。たとえば、ほとんどのマーラーの交響曲では木管楽器奏者が4人以上ずつ必要ですし、金管楽器も増加(特にホルン)。バランスをとるために弦楽器の人数も増えますから、ステージ上が人でいっぱいに。

これって、とても原始的な(!?! シンプルなと言うべき??)発想ですよね。大きな会場で大勢の聴衆に届くような大きな音が必要なら、楽器の数を増やせ! オーケストラには、20世紀に発明されたマイクやアンプなどの文明の利器は不要。19世紀後半どころか、ベートーヴェンやハイドンの時代の演奏会と、考え方は同じです。

もちろん、20世紀に入って変化したこともあります。弦楽器のガット弦に代わってスティール弦や金属を巻いた合成弦が主流に。1930年代には、常にヴィブラートをかけて演奏するようになりました((118) ヴィヴラートは装飾音だった(2)参照)。弦セクションの音量や輝かしさが、一段と増加。管楽器奏者もヴィブラートを使うように。

しかし、オーケストラの楽器編成は基本的に変わりません。19世紀後半に加わってオーケストラの定位置(ほぼ)を占めるようになったのは、チューバくらいではないでしょうか。管楽器ではサクソフォーン、コルネット、フリューゲルホルン、ワーグナー・チューバなどが使われたものの、定着せず。テルミン、オンド・マルトノなどの電子楽器や、録音された音やコンピューター処理された音がオーケストラとともに使用される曲も作られましたが、実験的試みの域を出ません。

ただ、打楽器は様変わり。多種多様なものが使われるようになりました。木魚(テンプル・ブロック)、どら、マラカス、ギロなど、ヨーロッパ以外の地域の楽器も目につきます1。主音と属音に合わせた2個のティンパニを1人の奏者が叩いていた時代を考えると、夢のようです。鍵盤楽器もオーケストラに再登場。通奏低音の担い手だった18世紀とは違って、打楽器とみなされます。

管弦打楽器がそれぞれセクションごとに陣取って、指揮者の合図で一緒に演奏し音楽を作り上げるというオーケストラの基本スタイルは、ここ100年以上変わっていません。オーケストラって、19世紀中にほぼ完成してしまいました。現在私たちは、その伝統・遺産を受け継ぎ、保存を続けています。

50年後、100年後、オーケストラはどうなっているのでしょうね。録音や録画の技術が進歩し、会場へ行かなくても臨場感あふれる演奏を体験できるようになっていることでしょう。「昔は、わざわざ音楽会に出かけて行かなければならなかったんだよ」なんて。完璧な技術と音楽性を備えたロボットたちが、演奏しているかもしれません。あるいは、過去100年間ほとんど変わらなかったように、この先100年間もこのまま変化しないかな? うーん、オーケストラの未来の姿を想像するのは難しいですね。

  1. Spitzer, John & Zaslaw, Neal, “Orchestra” New Grove Dictionary of Music, 2nd ed., vol. 18. Macmillan, 2001, p. 543.

Comments closed