23. 10月 2013 · (156) 入退場も音楽的に はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags:

招待状をいただいて聴きに行った大学オケの演奏会。演奏自体は悪くないのに、なんだか退屈。コンサートが進むうちに理由に気づきました。演奏者入場の流れが悪いのです。

上手と下手から1列に並んで入って来るのですが、出入り口が狭いのか、晴れ舞台で緊張しているのか、皆が席に着くまでに妙に時間がかかる。団員が着席した後コンマスが出て来るのに間、指揮者が出て来るのに間。このため、タクトが振り下ろされて音楽が鳴り出す前に、少しずつ「待たされてる」感が蓄積。それを毎回(3曲で3回)繰り返されて、最後はなんだか、音楽の流れまで重くなったように感じられました。

音大生オケの入場は、(授業の一貫ですから当然と言えば当然ですが)流れるようにスムーズ。ウインドアンサンブルの入場は、きびきびしていてさらに見事(吹奏楽コンクール経験者が多いせいかもしれません)。プロ・オケ団員は、席順などあまり構わずにばらばらと入って来ますが、次々にすっと席に着いてすっと静まって、すっと音楽が始まる感じ。もちろん、プロ・オケの場合、聴衆も演奏会に慣れている人が多く、曲の始まりを待つ体勢がごく自然にすばやくとれるのかもしれませんが、音が鳴り始める前にすでに流れが始まっているようです。

入場だけではありません。(47) 見る人は見ているで「入場は格好良く、決まっていたが、退場するときは気が抜けたように見えた」という学生さんのコメントを紹介しましたが、耳の痛い指摘ですよね。聖フィルで《G線上のアリア》をアンコールで演奏したとき、退場について打ち合わせすべきだったと感じたことがありました(指揮者が拍手無しで退場したのに、団員の中にはいつもと同じように「お疲れさまでした」などと話しながら退場する人がいたのです)。

冒頭の経験をして、コンサートは予鈴から始まっていると改めて考えさせられました。決して急ぐ必要はないものの、流れや間の悪い団員(コンマス、指揮者)入場は、コンサートのマイナス要因になる可能性があります。団員は、すっとステージに出てすっと座りすっと静まって、聴衆に「聴く」準備を促しつつ、なごやかに指揮者の入場を待つ。当たり前のことですが、舞台上の自然な流れが、音楽の良い流れにつながるのです。果たして聖フィルの入退場は、音楽的でしょうか。まずは自分が流れを乱さないように気をつけようと思います。

Comments closed