24. 7月 2013 · (143) オーケストラの起源 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , , ,

管・弦・打楽器が一定の秩序に基づいて一緒に音楽を奏でるオーケストラ。用語は古代ギリシア劇の「円形舞踏場オルケストラ」に由来します((29) オーケストラは「踊り場」だった参照)が、オーケストラ音楽の出発点は?

全てはここから始まった!と言えるような、唯一無二の起点というわけではありませんが、モンテヴェルディの《オルフェオ》が出発点の1つであることは間違いありません。1607年(バロック時代の初め)に北イタリアのマントヴァで初演された、最初期のオペラの傑作で、オペラの(実質的な)出発点。その伴奏アンサンブルがオーケストラの出発点と考えられる理由は、以下の3点。

第1は楽器編成。図1は、1609年に出版された《オルフェオ》スコアの楽器リストとそれを3つに分類したもの。ずいぶんいろいろな楽器が必要です1。キタローネ(ネックがすごく長い大型リュート)など、現在使われていない楽器の名も。

図1:モンテヴェルディ作曲オペラ《オルフェオ》の楽器リスト

図1:モンテヴェルディ《オルフェオ》の楽器リスト(クリックで拡大します)

オペラの歌唱を伴奏する通奏低音楽器((132) 楽譜どおりに演奏しても足りない場合参照)もさまざま。伴奏楽器を変えて、登場人物を描き分けているからです。たとえば、竪琴の名手オルフェオにはハープや柔らかい音のする木管オルガンを用いる一方、冥府の番人カロンテには耳障りな音がするレガール(金属リードのオルガン)が使われます。弦楽器の数や管楽器の種類も多いですね。トロンボーン((44) 神の楽器? トロンボーン(2)参照)やコルネット(現在のコルネットとは異なる、円錐形の木管楽器)は冥界、リコーダーは地上の場面と、管楽器も描き分けに加わります。

しかも、楽器や数が楽譜に指定されています。これが2つ目の理由。当時の器楽は主に即興(踊りの伴奏など)か、声楽の代わりや支えとして使われていました。どんな楽器を使うか、どのパートを担当するかは、奏者に任されていたのです。《オルフェオ》は、ジョヴァンニ・ガブリエーリの《弱と強のソナタ》などとともに、楽器が指定された最初期の例です。

そして第3の理由は、オペラにおいて器楽曲が重要な役割を果たしていること。たとえば、幕が上がる前に奏される《トッカータ》。五声部の最上声にクラリーノ(高音域のトランペット)が指定された華やかなファンファーレ風の曲は、マントヴァ侯爵らが入場し、席に着く間に奏される音楽です2。でも、現実と異なる時間の始まりを告げるオペラの序曲と捉えても、違和感はありません。楽器名は書かれていません(し、上記の楽器リストにも含まれていません)が、ティンパニのような打楽器が一緒に奏されたことは間違いないでしょう。《トッカータ》に続いて音楽の神が歌うプロローグの、間奏として何度も繰り返される《リトルネッロ》は、第2幕や第5幕でも奏されます。冒頭の音楽が戻って来ることで共通の雰囲気を醸し出し、まとまり感を与えています。

前回((141) やかましかった!参照)のオペラ指揮の話を読んで、オペラとオーケストラは大きく異なるジャンルなのにと思われた方もおられたでしょう。しかし、オーケストラの起源(の1つ)はオペラの器楽伴奏アンサンブルですし、交響曲の直接の先祖(の1つ)はシンフォニーア(イタリア風序曲)と呼ばれるオペラ序曲((18) 赤ちゃん交響曲誕生まで参照)。オーケストラはオペラに多くを負っているのです。

  1. 1615年に再版されたスコアより。内容は1609年出版の初版と変わりません。
  2. 石多正男『交響曲の生涯』東京書籍、2006年、38ページ。