10. 7月 2013 · (141) どこを向いていたのか? 指揮者のお仕事 (1) はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , , ,

問題です。19世紀初め、コンサート指揮者はどこを向いていたでしょうか? わざわざクイズにするくらいだから、現在のようにオーケストラ奏者の方を向いていたのではなかったのかなと考えた方、鋭い! 正解はなんと「聴衆の方を向いていた」。

図1 ヨハン・シュトラウス2世:《コヴェント・ガーデンの思い出》ピアノ独奏楽譜の表紙

図1 ヨハン・シュトラウス2世:《コヴェント・ガーデンの思い出》ピアノ独奏楽譜の表紙

それで思い出したのが、ヨハン・シュトラウス2世がイギリス・ツアーをしたときに作曲&演奏した、《コヴェント・ガーデンの思い出》ピアノ譜(1868出版)の表紙イラスト(図1。(57) ヨハン・シュトラウスは人気者(96) オーケストラの楽器配置に続いて3回目の登場。ロッシーニみたいですみません)。右端で弓を振り上げて指揮しているのが、シュトラウス2世ご本人。どうしてお客さんの方を向いているのかな?と、ちらっと不思議に思ったのですが、あまり気にしなかった私(現在も指揮者が客席を振り向くことがありますし)。でも、イギリスの聴衆への特別サービスではなく、指揮ってこういうものだったのですね。

ステージの最も聴衆側で指揮するとも限らなかったようです。図2左は、1849年にロンドンでプロムナード・コンサートを指揮するルイ・ジュリアン1。こちら側を向いているだけではなく、オーケストラの真ん中に立って指揮をしていますね。コヴェント・ガーデン劇場でオーケストラと4つの軍楽隊のための《イギリス陸軍カドリーユ》を指揮したときも、ジュリアンは奏者の中にいます(図2右)2。もちろん、様々なソロの部分にさしかかるときは、その奏者の方に向いて指示を与えたそうですが。

図2左:ロンドン、プロムナード・コンサート、1849年。図2右:ロンドン、コヴェント・ガーデン劇場でのコンサート、1846年

図2:ルイ・ジュリアンの指揮。左:プロムナード・コンサート、1849年。右:《イギリス陸軍カドリーユ》、1846年

1881年にドイツの音楽学者 Hermann Zopff が、指揮者は全ての奏者を見ることができるように、また彼らが指揮者の顔の表情を見ることができるように(聴衆に背を向けて)指揮するように勧めています3。1889年に同じことを書いている Schroeder によると、多くのコンサート指揮者は軍楽隊やプロムナード・コンサートの指揮者と同様に聴衆の方に顔を向け、可能なときには聴衆の気を引こうとしていたそうです4

さらに、「斜め」という選択も。1829年ベルリンで、バッハの《マタイ受難曲》を復活上演したメンデルスゾーン(当時若干20歳!)。彼は右側をオーケストラに向け、舞台を斜めに見渡す角度で指揮したそうです5。ドイツでは1890年代になっても、ステージの中央ではなく少し右側に立って、左側を少し聴衆の方に向ける指揮の構えが残っていました。聴衆への礼儀(おしりを向け続けているのは失礼?!)と音楽上の必要性のどちらが大切かという問題だけではなく、コンサート・オーケストラが成立するまでの道のりも影響しているように思います。この件については改めて。

  1. Koury, Daniel J., Orchestral Performance Practices in the Nineteenth Century. 1988, Univ. of Rochester Press, p. 81 (Nettel, The Orchestra in England, J. Cape, 1956, p. 137).
  2. Spitzer, John & Zaslaw, Neal, “Orchestra” New Grove Dictionary of Music, 2nd ed., vol. 18. Macmillan, 2001, p. 542 (Illustrated London News, 1846年11月7日).
  3. Koury, 前掲書, p. 80.
  4. 同上。
  5. 同上、pp. 79-80.

Comments closed