11. 6月 2013 · (137) 実はいろいろ!《フィガロ》序曲のボウイング はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , ,

前回調べた《フィガロの結婚》映像10種類の、序曲冒頭のボウイング。モーツァルトが書いたスラーを変更し、2小節一弓にした4種類の映像((136) 《フィガロ》序曲のボウイング参照)の中に、少し変わったものもありました。バレンボイム指揮ベルリン国立歌劇場管弦楽団(1999)は、1小節目ダウン、23アップの後、4567と4小節一弓でダウン。一方、メータ指揮フィレンツェ5月音楽祭管弦楽団(2003)では、休符のたびに少しずつ弓を戻しながらも、7小節間全部ダウン。

へぇ〜、モーツァルトがせっかく書いたのに! スラーがかなり露骨に無視されているのに驚いて、動画も調べてみました。前回映像で確認した10種類と、それ以外にボウイングがわかる8種類の YouTube 動画の結果をまとめたのが表1。1番上の数字:小節数、2段目:冒頭のファースト・ヴァイオリン自筆譜。↓:ダウン、↑:アップ、黒字:前回調べた映像、灰色字:今回の動画、録画年の*:オペラではなく演奏会。

表1:《フィガロ》序曲第1主題のボウイング

表1:《フィガロ》序曲第1主題のボウイング(クリックで拡大します)

タイプ1(自筆譜のまま)が多いのは予想通りですが、「どこのオケでもこう弾いている」と言われたタイプ2以外にも、計4種類のボウイングが見つかりました。タイプ3のバレンボイム「1↓ 23↑ 4567↓」(休符までそのまま、休符で方向転換のパターンですね)は結構多く、その前半を一弓にしたのがタイプ4、前半を分けたのがタイプ5、先ほどの全部ダウンがタイプ6。

多様なボウイングが生じた理由は? テンポとの相関関係がはっきりしないのは、既に書いたとおり。次に考えられるのはエネルギー問題。作曲家が書いたボウイングは尊重されるべきですが(コン・マス経験者であればなおさら)、背に腹は代えられない。この先まだまだ長いから(《フィガロ》は2時間半以上かかります)、序曲は省エネ仕様であるほどベター。最も楽なボウイングを探しているうちに多種になった……? また、音量問題も考えられます。曲は静かに始まりますから、1小節ずつちまちま方向転換しなくても、いえ方向転換しないほうが弾きやすい……?

旋律は、低いレやド♯から始まって、少しずつ上行して3小節目でラ、4小節目で最高音シに達し、今度は少しずつ下降。6小節目で下のラまで下がってから出発点と同じレに戻って終わり。最初に pp がついているだけで他に強弱記号は書かれていませんが、フレーズの輪郭を考えると、「123↑ 4567↓」のタイプ4も(いきなりアップで始まるので驚かされますが)理に叶っているかもしれません。

図1:《フィガロ》自筆譜3ページ22〜24小節

図1:《フィガロ》自筆譜3ページ22〜24小節

よく見ると、複数のボウイングが使われている演奏も。たとえばアッバード&ベルリン・フィルでは、提示部2回目は1小節ずつのタイプ1ですが、再現部2回目のボウイングは4と5、6と7小節が2小節一弓(いずれもコントラバス・パート)。提示部&再現部の1回目は見えませんが、8小節フレーズに変形される再現部の2回目のみ、2小節一弓も使っているのでしょう。

レヴァイン&メトでは、パートによってボウイングが異なります。外側に座っているヴァイオリン1、2はタイプ4ですが、内側のヴィオラとチェロはタイプ1。ここ以外のボウイングもときどき異なっています。どうせピットの中は、お客さんから見えないし(?!)。 でも、適当に弾いているわけでもなさそう。2種類に統一(統二?)されているようです(http://youtu.be/M7Q7iTq9Li8)。

実は、モーツァルトの自筆譜にも不統一が! このフレーズを3回書いている(再現部の1回目は、ダ・カーポで省略)中で1カ所だけ、他と異なる3小節続きのスラーがあるのです。提示部2回目、チェロ・バスの最後(図1の最下段参照)。でも、他のスラーはすべて1小節ずつ。同じ場所のファースト・ヴァイオリンも1小節ずつ。モーツァルト、思わずペンが滑った?!

Comments closed