17. 4月 2013 · (129) ワルツとチャイコフスキー はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , , ,

聖光学院の新講堂ラムネ・ホールで行われた、聖フィル第8回定期演奏会にいらしてくださいました皆さま、どうもありがとうございました。オール・チャイコフスキー・プログラム、聖光学院OBとの共演、サプライズなど盛り沢山のコンサート、いかがでしたでしょうか。演奏会を締めくくったのは、弦楽器のピッツィカートで始まるワルツ。王子ジークフリートの誕生日を祝いに集まった村の娘たちが踊る、《白鳥の湖》第1幕第2曲でした。というわけで、今回のアンコール特集はワルツについて。

円舞曲と訳されるように、回りながら滑るように踊るワルツ。新しい社交ダンスとして流行した理由は、宮廷で踊られていた形式ばったメヌエットとは対照的なステップの自由さもさることながら、何と言っても男女の組み方。手をつなぐ、あるいは腕を組む程度(!?)の他の踊りと違い、ワルツは男女がぐっと接近して、抱き合うように組むのがポイント。不道徳だと禁止された地域もあったようです1

舞踏会用の実用音楽ワルツを芸術的に洗練させたのが、ランナーと、「ワルツの父」「ワルツ王」のヨハン・シュトラウス父子。彼らはオーケストラとともに演奏旅行をし、ウィンナ・ワルツは国外でも大人気に((57) ヨハン・シュトラウスは人気者参照)。こうしてワルツは、19世紀から20世紀初頭にかけて、あらゆるジャンルの音楽に使われることになります。

作曲家の国籍にかかわらず、オペラ、オペレッタ、バレエなどの舞踏会シーンにはワルツ。上記の村の娘たちの踊りや《くるみ割り人形》の《花のワルツ》のようにバレエの群舞や、ソロ用にも(むしろ、バレエでは男女2人で踊るワルツは少数)。踊りと言えば、ヨハンではなくリヒャルトの方のシュトラウスが作ったオペラ《サロメ》の《7枚のヴェールの踊り》にも、ワルツが使われています。

一方、踊るためではないワルツもあります。ピアノを弾く人にとって、ワルツといえばショパン! きらびやかな曲、軽い曲、メランコリックな曲など、自由な形式による様々なワルツは、ピアノ初級者のあこがれの的です。プッチーニのオペラ《ラ・ボエーム》の中の《ムゼッタのワルツ》も同様。「私が街を歩けば」と始まるアリアの歌詞に、踊りは全く出て来ません。でも、金持ちのパトロンがいながら元恋人(貧乏画家)の気を惹く、派手なうぬぼれ女のように見えるムゼッタの真の想いを、揺れるワルツのリズムが絶妙に表現しています。

踊りと関係の無いワルツの極めつけは、チャイコフスキー。彼はなんと、交響曲にワルツを入れたのです。ベートーヴェン以来、交響曲の第3楽章はスケルツォ((101) メヌエットからスケルツォへ参照)がお約束。でも、チャイコフスキーは交響曲第5番の第3楽章に、ワルツを使ってしまいました。室内楽も同様。弦楽セレナード第2楽章は、流れるような優美なワルツです(《第九》のように第3楽章が緩徐楽章)。昨年のウィーン・フィル・ニューイヤー・コンサートで、《眠りの森の美女》のワルツなどが演奏されて話題になりましたが、考えてみるとチャイコフスキーはウィンナ・ワルツから、バレエやオペラに留まらない、計り知れない影響を受けています。

チャイコフスキーのワルツと言えば、もうひとつ。ピアノのための18の小品(op. 72)第16番のタイトルは、《5拍子のワルツ》。作曲家がワルツと書いているのだからワルツなのでしょうけれど、これってワルツ? 5拍子では、踊れませんよね。

  1. Lamb, Andrew, “Waltz” New Grove Dictionary of Music, 2nd ed., vol. 27. Macmillan, 2001, p. 73.

Comments closed