10. 3月 2013 · (124) 《白鳥の湖》がうけなかった理由 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , ,

今ではバレエの代名詞になっている、チャイコフスキーの《白鳥の湖》。しかし、作曲家の生前には真価が認められなかったことは、広く知られています。

1877年2月20日、モスクワの帝室ボリショイ劇場での初演は、あらゆる面で不評でした。衣装や装置は貧弱、振り付けや演出は芸術性を欠いており、オーケストラ演奏も不完全、しかも主役オデットを踊ったのは全盛期を過ぎたバレリーナ。プリマを代えたり、振り付けを変更したり(3回も!)しながら6年間で41回公演されましたが、評判にならないまま、1883年を最後にモスクワでの上演が打ち切られました1

音楽に関しては、「《白鳥の湖》の音楽はすぐに広まり、音楽のよくわからない人達までもがこのメロディーをくちずさみ……」のような好意的な批評もありました2。しかし、最後には全体の1/3近くが他のバレエ作品からの音楽、それも必ずしも良いとは限らない音楽に替えられていたそうです3。甘くロマンティックなメロディー満載、ドラマティックでゴージャスな管弦楽法のみならず、登場人物や物事を音楽で表した大傑作((122) 「音楽の悪魔」(123) 物語を音楽で説明するには?参照)なのに、差し替えられるなんて、いったいなぜ?

それはある意味、傑作すぎたから。当時のバレエは、バレリーナの曲線美や優美なポーズを活かすことのみを意図して振り付けられた踊りを、単純な舞曲にのせて羅列した、見せ物のようなものでした4。音楽は、踊り手のための伴奏。ロシアでは、バレエ音楽専門の作曲家たちが、踊り手が好む規則的な拍子と類型的なフレージングの、決まりきった様式でバレエ音楽を作曲していました。バレリーナの技巧を誇示するためには、複雑な音楽は逆効果とさえ考えられていたそうです。当時のバレエ作品に親しんだ観客や批評家たちには、チャイコフスキーの《白鳥の湖》の音楽はシンフォニックで複雑すぎたのです。

当時のバレエ音楽専門作曲家の代表が、ミンクス。代表作《ドン・キホーテ》においても、シンプルで調子のよい魅惑的なフレーズや、小節数を増減しやすい作りなど、職人的テクニックに気づきます(動画参照。第3幕よりキトリのヴァリアシオン)。1881年にペテルブルクの帝室マリインスキー劇場支配人になったヴセヴォロジュスキーは、バレエ改革の第1歩として、専任作曲家ミンクスを解雇。以前から注目していたチャイコフスキーに作曲を依頼しました。こうして生まれるのが《眠れる森の美女》と《くるみ割り人形》。ただし、第1作目《白鳥の湖》の酷評にショックを受けたチャイコフスキーが次のバレエ音楽にとりかかるには、10年以上の年月が必要でした。

《白鳥の湖》の評価が一変するのは1895年。チャイコフスキーの急死直後、スコアをモスクワから取り寄せた振付師プティパが、イヴァーノフとともに新しい演出と振り付けで改訂初演。これが大成功を収めてからです。このとき、指揮者ドリゴによる編曲と、弟モデストによる台本の改訂も行われました。現在の《白鳥の湖》の演出は、この改訂版が基礎になっています。

  1. 森垣桂一『音楽之友社ミニチュア・スコア』の解説、vii ページ。
  2. 前掲書、vi ページ。
  3. ピアノ独奏用編曲を最初に行ったニコライ・カシキンの言葉。Goodwin, Noel, “Ballet, 2,” New Grove Dictionary of Music, 2nd ed., vol. 2. Macmillan, 2001, p. 583.
  4. 小倉重夫「チャイコフスキー《白鳥の湖》」『名曲解説全集5』音楽之友社、1980、177ページ。