07. 2月 2013 · (119) わくわくドキドキ、クレッシェンド はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , ,

イタリア語の動詞 crescere(成長する、増大する)の動名詞形クレッシェンド crescendo、cresc. は「だんだん強く」。反対の「だんだん弱く」は、デクレッシェンド(decrescere:減少する、低下する)あるいはディミヌエンド(diminuire:減る)ですね。松葉型の記号も使われます。

このような奏法は、バロック時代には一般的ではありませんでした。この時代の強弱法は、原則としてテラス型(Terassendynamik)。たとえば協奏曲では、全合奏の部分と、独奏者と通奏低音(バロック時代の伴奏方法)奏者のみで演奏する部分で、フォルテとピアノが交代します(図1A)。フーガ書法が用いられる場合は、パートが増えるにつれて段階的に音量が増えます(図1B)。

図1:テラス型強弱法のイメージ

図1:バロック音楽のテラス型強弱法のイメージ

「だんだん」変化するクレッシェンドを意識的かつ効果的に使ったのが、プファルツ選定候の宮廷が置かれたマンハイムで活動した作曲家たち。1743年に候を継承したカール・テオドールは、科学や商業はもちろん芸術のパトロンとして有名で、マンハイムには多くの優れた音楽家が集まりました。 (115) 愛の楽器? クラリネット (2) で書いたように、早い時期からオーケストラにクラリネットが加わっています。

譜例1:ヨハン・シュターミッツ、シンフォニーアニ長調第1楽章

譜例1:ヨハン・シュターミッツ、シンフォニーア ニ長調 第1楽章

彼らはシンフォニーア(初期の交響曲。(15) 交響曲の成長期など、交響曲の誕生シリーズ参照)で、いわゆるマンハイム・クレッシェンドを使いました。中・低音楽器が持続音で支える上で、急激に音量を増やしながら旋律線が上昇し、フォルティッシモに達します(譜例1参照。ここでは楽器数を増やしながらクレッシェンドしています)1

「交響曲」は協奏曲や独唱などと異なり、ソリストたちの妙技を楽しめません。いわば伴奏だけの音楽。観客をいかにして惹きつけるかが、作曲家の腕の見せ所です。マンハイム・クレッシェンドは実に単純な「しかけ」ですが、聴いていてわくわく、次はいつかとドキドキ、始まるとキター!

このような強弱法は、マンハイム宮廷歌劇場の中心演目であったヨンメッリ(1714〜74)などのイタリア・オペラの序曲に前例があり、彼らのオリジナルではありません。でも、規模が大きく名手の多いマンハイム宮廷楽団が演奏することで、より表情豊かで劇的な効果が生まれたのです。「クレッシェンドのダイナミックな力に我を忘れた聴衆は、次第に席から立ち上がった。ディミヌエンドは彼らの呼吸を奪わんばかりであった」そうです2

譜例1のシンフォニーアを聴いてみましょう。フォルテの和音連打で始まり、すぐに譜例1のクレッシェンド主題(ソナタ形式が整う前なので、第1主題とは呼ばないことにします)が続きます。フォルテの和音の後ですから、ピアノから始まるクレッシェンドがいっそう引き立ちます。これと対照的な優雅な新主題は、属調のイ長調(0:53)。クレッシェンド主題は、属調(1:18)と主調(2:30)で、計3回登場。音楽的なまとまりを感じさせる役目も果たしています。

  1. 動画のように、op. 3, no. 2 と呼ばれることが多いようですが、これは再版(1757年)の作品番号。初版(同じ1757年)は op. 2 です。
  2. 石多正男『交響曲の生涯』、東京書籍、2006、133ページ(著者名や資料名無しの引用)。

Comments closed