21. 8月 2012 · (95) 怖い (?!) 音楽 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , ,

残暑が厳しいですね。昨年の《魔弾の射手》狼谷の場 ((41) 涼しくなる (?!) 音楽参照)に続き、今年も遅ればせながら納涼特集を。今回のストーリーは:ある男が女の部屋に忍び込んで騒がれ、助けにきた父親を殺してしまう。墓地で高笑いしていたら、自分が殺した男の大理石像が話し出す。ふざけてディナーに招待したら、石像が本当にやってきて悔い改めよと迫る。断固拒否したら、地獄に引きずり込まれてしまった……。

これ、ロレンツォ・ダ・ポンテとモーツァルトが作った「2幕のドランマ・ジョコーソ《罰せられた放蕩者あるいはドン・ジョヴァンニ》」です。動かないはずの石像がディナーに招かれてうなずくあたりは、まだコミカル。でも、石像が約束どおりに現れ、改心を承知しない女たらしの手を決して離さないなんて、ホラーそのもの。そして、モーツァルトがこの第2幕第15場につけた音楽! 怖いですよ〜(下の動画参照)。

全楽器が強奏でニ短調の和音を2つ(この動画は、前の場面の最後の和音で始まっていますが)。石像が歩くようなゆっくりした付点のリズム(0:18)を伴奏に、石像(バス)が「お前はわしを招いてくれたな、それでわしはやってきた」と朗々と歌い始めます1。シンコペーションが続く音型(0:35)をバックに、「そんなこと思いもしなかった、でもできるだけのことはしよう!」と答えるドン・ジョヴァンニ(バリトン)。3つずつ同音連打する16分音符(0:54)は、机の下に隠れた従者レポレッロの震えを表わしているようです。

石像の「天上の食べ物を食べているものは人間の食べ物を食べはしない」という台詞(1:10)は、大きな跳躍と臨時記号が多用された不自然な旋律で歌われます。これに続く「やむにやまれぬ望みがわしをこの世に導いてきたのだ!」の伴奏では、ヴァイオリンとフル―トが、クレッシェンドしながら上がり弱音で下がる、16分音符の音階パターン(1:35)を繰り返します。しかも、不安を煽るようにパターンの開始音が1音ずつ上昇。

あれれ、どこかで聴いたような……。そうです。今回の定演で取り上げるこのオペラの序曲は、石像の登場シーンの音楽を使っているのです。全楽器の強奏によるニ短調の和音2つで始まり(石像シーンの1つ目の和音は、序曲の主和音と異なりますが)、石像の歩みのような付点型、ドン・ジョヴァンニが石像に歌いかける時に使われるシンコペーション、レポレッロの震えのような細かい3つずつの同音連打、クレッシェンドしたと思うと静まる不気味な音階パターンなども登場します。《魔弾の射手》(1821)の序曲にみられるような本編の音楽の先取りで、この時代の序曲としてもモーツァルトの序曲としても、例外的な作りです。

でも、この恐ろし気な序奏部分が終わると、ニ長調モルト・アレグロの主部。何事もなかったように軽快な音楽が「楽しいオペラが始まりますよ」と告げて、序曲が終わります。一方、石像シーンはまだまだ続きます。

同音反復とオクターヴ跳躍のメロディーを少しずつ高い音で繰り返しながら、「わしと食事をしにくるか?」と迫る石像(2:55)。ドン・ジョヴァンニは改心を拒否。「そら」と手を差し出し、石像の手の冷たさに驚いて「ああ!」と叫ぶ小節(4:43)から、さらに緊迫度が増します。超自然的存在である石像が歌う小節だけ演奏していたトロンボーンが、ドン・ジョヴァンニの伴奏にも加わります((44) 神の楽器? トロンボーン part 2参照)。さすがの彼も、石像の不気味さにひるんだということでしょうか。

「悔い改めるのだ!」「いやだ!」の応酬。「もう時間が無いのだ」と石像が歌った後、音楽はアレグロに(5:36)。ヴァイオリンがシンコペーションと急速な下行音階をくりかえす中、男たちが暗い声で「お前の罪にくらべればすべては無にひとしい。来るのだ。もっと悪い災いがある!」(5:49)と歌い、ドン・ジョヴァンニは「なんという地獄だ! なんという恐怖だ!」と苦しみながら(5:58)落ちていきます。

使われている音型や和音はシンプルなのに、この圧倒的な劇的緊張感! モーツァルトってすごい……。この《ドン・ジョヴァンニ》、恐怖をリアルに描いた最初の音楽と言えるかもしれませんね。

  1. 歌詞の日本語訳は、チャンパイ&ホラント編『モーツァルト:ドン・ジョヴァンニ』、音楽之友社、1988のリブレット対訳(海老沢敏訳)を使いました。

Comments closed