19. 4月 2012 · (77) 近い調、遠い調 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , , , ,

「アマ・オケ奏者のための音楽史」はまだ中世をうろうろしているというのに(すみません、もうすぐ再開します)、新シリーズ「アマ・オケ奏者のための楽典」開始! 第1回目は調について。《レ・プレ》を弾きながら、調号(=調の記号。五線譜の左端のシャープやフラット)を見るだけで、新しい性格の曲と見当がつくなと考えていました。16分ほどの曲の中で調号が、無し→♯4→無し→♯4→無し→♯3→無しと変わります。変わる回数が多いだけが理由ではありません。

調は全部で24あります。長調が12、短調が12。ピアノの鍵盤を思い浮べてください。1オクターヴの中にある12の音(ドレミファソラシだけでなく、黒鍵もお忘れなく!)それぞれを主音として、長調と短調が始まります。たとえば、ハニホヘトイロのハであるドの音からはハ長調とハ短調、レの音からはニ長調とニ短調という具合1

この中には、互いに近い調と遠い調があります。2つの調の音階に共通した音が多ければ近く、少なければ遠いと考えます。近い調を近親調、遠い調を遠隔調と呼びます。近親調は:

  • 属調:ある調の主音から5度上の音(=属音)を主音とする調。たとえば、ハ長調に対してハニホヘトと5つ上がったト長調、ハ短調に対してト短調(その音から数えるんですよね。(62) 新年と音程参照)
  • 下属調:ある調の主音から5度下の音(=下属音)を主調とする調。たとえば、ハ長調に対してハロイトへと5つ下がったヘ長調、ハ短調に対してヘ短調
  • 同主調:同じ主音から始まる長調と短調。たとえばハ長調とハ短調、ニ短調とニ長調
  • 平行調:同じ調号をもつ長調と短調。短調は長調の3度下から始まります。たとえば、ハ長調とイ短調(調号無し)、ニ長調とロ短調(♯1つ)

    24の調

    譜例1:24の調(久保田慶一編『音楽通論』、アルテス、2009、97ページ)

属調は、元の調に較べて調号の♯が1つ増え(♭の場合は1つ減り)ます。調号無しのハ長調の属調ト長調の調号は、♯1つですね。逆に下属調は、調号の♭が1つ増え(♯の場合は1つ減り)ます。調号無しのハ長調の下属調ヘ長調の調号は、♭1つです(譜例1参照。クリックで拡大します。各調の属調は右隣、下属調は左隣)。

属調や下属調に転調しても、元の調と違うのは増えた(減った)調号の音1つだけ。他の6つの音はそのままです。だから近い調なのです。逆に、《レ・プレ》の転調のような、調号無しのハ長調と♯3つのイ長調や♯4つのホ長調は、共通する音が少ない遠い関係。遠隔調です。

(72) 第2主題はようこその気持ちでのソナタ形式の表を思い出してください。第2主題は、主調が長調のときは5度上の調(=属調)へ、主調が短調のときに3度上の長調(=平行調)で提示されます。属調も平行調も近親調。無理無く自然に転調できますし、調号を変えなくても、変化した音に臨時記号を付ければ済みます。

最も近い属調や平行調へ転調させるのが自然すぎてつまらなくなると、《レ・プレ》のように、主調がハ長調なのに第2主題を遠いホ長調で提示したりするようになります((75) 《レ・プレ》とソナタ形式参照)。その代表的な作曲家は……というお話は、また改めて。

  1. ファとソの間の黒鍵を主音とする長調は、嬰へ長調と変ト長調の2つありますが、このような異名同音調は1つと考えます。