04. 8月 2011 · (40) 変更された《未完成》第1楽章コーダ はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , ,

コーダはイタリア語で「しっぽ」のこと1。曲の最後の締めくくり部分を指します。たとえば、《未完成》交響曲第1楽章のコーダは、チェロ&バスによる序奏部メロディーの回想から最後まで。シューベルトは、地の底から響いてくるようなオープニング部分を、再現部の導入には使わずにコーダに取っておいたんですね。憎い演出です。

譜例1の《未完成》ピアノ・スケッチ第1楽章コーダ部分(2小節目〜)を見ると、シューベルトがオーケストレーションするときに、この部分を大きく変更したことがわかります2。まず長さが違いますね。スケッチのコーダ、短いでしょう。現在のコーダは41小節ですが、スケッチでは24小節しかありません3

譜例1 《未完成》ピアノ・スケッチ第1楽章コーダ2小節目〜

譜例1 《未完成》ピアノ・スケッチ第1楽章コーダ2小節目〜

何よりも驚かされるのは最後の音。譜例1の2段目を見てください。5小節目から、ロ短調の主和音し-れ-♯ふぁ(このような暗い響きの三和音を、短三和音と言います)が、p から2小節間クレッシェンドし、次の2小節で からデクレッシェンドします。次に最後の和音が3小節続きますが、 pp の右隣にあるのは……なんと♯です!  左手パートにも♯。つまり、スケッチ段階でシューベルトは、《未完成》第1楽章をし-♯れ-♯ふぁの響き(こちらは長三和音と言います)で終わらせるつもりだったのです。

16世紀には、短三和音を主和音にする曲(ルネサンス時代には、まだ長調も短調も存在しなかったため、このようなややこしい表現になります)の最後の和音に♯を付けて、そこだけ明るい響きにすることがよくありました。この半音上げた音を、「ピカルディーの3度」と呼びます。聴いていると、曲の最後でふわっと浮き上がるような印象を受けます。

この習慣はバロック時代でも引き続き用いられましたが、古典派の時代にはあまり使われなくなりました。シューベルトもオーケストレーションの際、放棄しています4。さらに、強弱も変更。スケッチの最後の和音は、すでに述べたように pp と指示されていますから、第2楽章のみならず第1楽章も、静かに終わるつもりだったのですね……。弾く立場からすると、シューベルトが 第1楽章コーダをff で終わるように書き直してくれたのは、とてもありがたいと思うのですが、いかがでしょうか。

  1. 12/01/11追記:「シューベルトもコーダを変更した!」から改題。
  2. Franz Schubert: Sinfonie in h-Moll “Die Unvollendete”: vollständiges Faksimile der autographen Partitur und der Entwürfe. Emil Katzbichler, c1987. ドヴォルジャークもコーダを変更しました。(36) ドボコンに込められた想いを読み解くと、(38) ドボコンを読み解く試み その2を参照のこと。
  3. 続けて書かれた第2楽章のスケッチは、ほぼそのまま使われています。スケッチ2段目と3段目の間に、2小節分の音楽が加えられましたが、斜めの線で消された3段目の4小節も、そのまま使われています。
  4. 実はこのスケッチの最後の和音は、《未完成》の「普通でないこと」の1つを、部分的に説明してくれます。シューベルトは第1楽章のロ短調に続けて、ホ長調の第2楽章を書きました。これは実は、とても大胆な調選択です。でも、第1楽章をロ長調の和音で終わらせるつもりだったとすると、その大胆さがかなり薄まるのです。ただ、第2楽章をホ長調で終えたあと、何のクッションも置かずに第3楽章が再びロ短調で始まるので、調選択が「普通でないこと」は変わらないのですが。

Comments closed