18. 5月 2011 · (29) オーケストラは「踊り場」だった !? はコメントを受け付けていません。 · Categories: 聖フィル♥コラム · Tags: , , ,

アマ・オケ奏者のための音楽史第2回は、古代ギリシアについてです。実際の音の響きはわからないものの、西洋音楽史において古代は、「音楽」という言葉やその概念を考える上でとても重要な時代(……とは理解しつつ、中世から講義を始めることが多い私)。実は、オーケストラという言葉の由来も、古代ギリシアまで遡るのです。

アイスキュロス、ソポクレス、エウリピデスに代表されるギリシア悲劇や、アリストパネスのギリシア喜劇は、台詞が交わされるのではなく歌い踊られる、オペラのような音楽劇でした(古代ギリシア劇を復興する中でオペラが生まれたのですから、当然です。(28) バロック時代はなぜ1750年までか参照)。コロスと呼ばれる合唱隊が配置され、劇の進行に応じて彼らが歌ったり踊ったりする円形スペースの名前が、オルケストラだったのです。

図1  古代ギリシアの劇場

野外劇場は多くの場合、山の斜面を利用してすり鉢型に作られました。テアトロンと呼ばれる観覧席がとり囲むのが、円形の舞踏場オルケストラ。初めは、オルケストラの向こうに、衣装替えなどのためのスケネと呼ばれる楽屋のような建物があるだけでしたが、やがて俳優たちが演技するスペースを広げるため、プロスケニオン(「スケネの前」という意味)と呼ばれる舞台が設けられ、オルケストラは舞台と客席のあいだに位置することになりました(右図1参照1)。

時代は下って、1637年ヴェネツィアに史上初の公開オペラ劇場サン・カッシアーノが建てられたとき、歌を支える楽器奏者のためのスペースは舞台と客席のあいだに置かれ、古代ギリシアにならってオルケストラと呼ばれました。その言葉がやがて、ここで演奏する合奏団を指すようになったのです。ジャン=ジャック・ルソーが音楽辞典(1754)の中で、オーケストラを「合奏団員全体の集合」と定義していることから、18世紀半ばには現在の意味が一般的になっていたようです2。既にお気づきだと思いますが、コロスはコーラス、テアトロンはシアター、スケネーはシーン(場面)の語源になりました。

  1. 片桐功「古代ギリシア」『はじめての音楽史』音楽之友社、2009、17ページ。
  2. 上野大輔「オーケストラ」『音楽通論』久保田慶一編、アルテス、2009。

Comments closed